ファーストバイト

ウエディングドレスの上手な選び方を教えて下さい

ウエディングドレスを選ぶ際は、挙式&披露宴の少なくとも2ヶ月前までには候補を狭めておくか、1着に決めておきたいところ。
それまでに色々なドレスを試着しつつ、どんなタイプのドレスが体型に合っているかをじっくりと検討します。
カラーバリエーションや細かい部分のデザインも大事ですが、要は体型がすっきりと、美しく見えるドレスを選ぶことが大切。
満足するドレスが一つもなかったので適当に選んでしまった、など妥協することのないよう、式の1年くらい前からドレスの種類やデザインについて知識を得ておくことも重要です。

まず、ドレスを選ぶうえでほとんどの方は素人です。
プランナーさんよりもドレスに詳しい方や、自分の体型に合う洋服をしっかりと把握している方ならある程度良さそうなドレスを見積もることができるのですが、よく分からない場合は素直に店員さんやプランナーさんの意見を聞いてみましょう。
ドレス選びに同行してくれる彼や両親、姉妹、お友達などに客観的な意見を伺うことも大切です。
また、客観的な方法として披露宴会場の環境や彼のタキシードなど、自分以外の部分に合わせる方法もあります。

会場が派手であるか、それとも慎ましい場所なのか。
フロアの色や外の景色も考えつつ、それらに調和するカラーリングやデザインのドレスを選ぶこともできます。
また、新郎新婦の服がきちんと釣り合うよう、彼のタキシードを決めてしまって、それからドレスを決定してもOKです。

彼からすれば、女性より先に自分が主役となれるのは嬉しいもの。
彼の顔を立てるという意味でも、タキシードからドレスを決める方法は意外に上手くいくかもしれません。
ウエディングドレスは多くの招待客の注目の的であり、花嫁のイメージを決める重要な要素でもあります。
ベーシックな純白のドレスも良いですが、ちょっと個性的にしたい場合はカラーのドレスを選んでも良いでしょう。
もちろんお色直しで個性を出すこともできますが、どんなドレスであっても周囲の環境に合わせつつ、自分らしい一着を選ぶようにしたいものです。
素晴らしい結婚披露宴にするにはマナーも大切なので、http://xn--h1s64a26mrz3awb1a.tk/をよく読んでみてください。

↓結婚披露宴の情報サイトはこちら
  

このページの先頭へ