ファーストバイト

結婚披露宴はどのような人が呼ばれるの?

結婚披露宴を行う際、どんな人を呼ぶかについては迷うところです。
両親や兄弟は言うまでもありませんが、兄弟の子供まで呼ぶ必要があるかどうかについては、予算や会場の収容人数と相談しながら決めておく必要があります。
ですので、まずは前もって、絶対に呼ばなければならない人から決めてしまうと良いでしょう。

一般的には新郎新婦の肉親、兄弟、親戚など身の回りの人を呼び、親友やお世話になっている会社の同僚、上司なども呼ばれます。
仲良くしている近所の方や、趣味の友人を呼ぶ場合もあります。
もしも披露宴が長丁場になる場合は小さなお子さんや高齢者には飽きたり、身体がつらく感じてくる場合もあります。

どんな披露宴であっても、招待客と自分たちの健康状態はイコールではないことをよく考えておかなければなりません。
披露宴はとにかく盛大にしたい!と考えているご夫婦の中には、大切な友人や会社の同僚、上司などを呼びたいと思っている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、万が一仲が悪い人同士がはち合わせしてしまったり、ゲストの中に知り合いがおらず孤立してしまう方(新郎新婦のどちらかとだけ親友、というような人)を呼ぶことのないよう、ゲスト同士の人間関係についてもきちんと話し合っておきましょう。
「こんな人が来るなんて聞いていなかった」「自分ひとりのつまらない披露宴だった」とならないよう、招待予定客を把握し、できれば知らない人同士の相席は避けましょう。

新郎と新婦それぞれが別々に招待者を設定する方法もありますが、知らない人同士を同席させる場合は人間関係などによく配慮しておきましょう。
できれば内輪だけで良いという場合は、無難に両親と兄弟だけでOKです。
上司や会社の上役を招待する場合、席次表には名前とともに肩書きについても明記する必要があります。
同じく座席の配置や披露宴での扱いなど、細かい部分まで配慮しなければなりません。

仕事関係の方を呼ぶ場合は、社会的にどのポジションにあるかも確認しておきます。
その他、友人の子供や友人の友人など、手広く招待する場合はさらに注意深く検討する必要があります。
式の直前になってからではなく、できれば半年くらい前から招待者をピックアップしておくことが大切です。

このページの先頭へ