ファーストバイト

両親への感謝の手紙を読むのは今でも習慣付いていますか?

結婚披露宴で花嫁が両親への手紙を読むシーンは、TVでも取り上げられるほど感動的な場面。
普段は恥ずかしくて言えない言葉も、この瞬間だけは素直に口にすることができます。
親としても、子供からの精一杯の「ありがとう」を聞くことができるので、非常に感極まるシーンでもあります。

手紙を読む習慣自体は今でも一般的に行われており、手紙は印刷したものやテンプレートを使ったものではなく、昔ながらの「自分の言葉を手書きする」アナログな方法が人気です。
デジタル社会で、あえてアナログで気持ちを込めて書く手紙は新婦の真心が一心にこもったものであり、親にとっても一生に一度の宝物となることでしょう。
ただし、手紙はあまり長すぎると時間ばかりかかって、聞く側にも飽きが出てきてしまいます。
また、接続詞が極端に少ない、まとまりのない内容など、手紙そのものとして綺麗な文章を作るように心掛けたいものです。

以下に、簡単に手紙のチェックポイントを紹介してみたいと思います。
・文章の長さに注意する
先ほども述べましたが、感謝の手紙にも持ち時間が設定されている場合があります。
事前にプランナーさんと打ち合わせをして、時間内に手紙の内容が収まるように調整しましょう。

・言葉使いに注意する
普段から使い慣れている言葉をそのまま手紙に使うことはNGです。
披露宴がフォーマルな場所であることを意識して、両親であっても敬語で文章をつづるようにしましょう。
また、父親と母親のどちらかだけを取り上げ、片方をけなすような内容にしないように注意が必要です。
両親のどちらかと関係が疎遠であったり、あまり良くないという場合も、悪口のような内容にはしないよう心掛けましょう。

・内輪だけの話に終始しないようにする
昔の思い出や楽しかったエピソードを語る際、招待客がついていけないほど濃い話を繰り広げてはいけません。
周りの人も聞いていて一緒に楽しめるように、簡潔に文章を書くように気を付ける必要があります。

このページの先頭へ