ファーストバイト

結婚披露宴のお見送り用のプチギフトの選び方で重要なポイントとは?

「プチギフト」とは披露宴の後や二次会終了後、結婚披露宴の招待客をお見送りする際に、新郎新婦が渡すささやかなプレゼントの事です。
プチギフトという名前のとおり、大きくない=それほど高価ではないギフトという意味で用いられています。
今回は、そんなプチギフトの良い選び方について考えてみたいと思います。

選び方その①:満足度から選ぶ
プチギフトはあまりお金をかけないもの、という大前提があります。
ここで高価なものを選んでしまうと、結婚式全体にかかる予算を圧迫するばかりか、ゲストにも「なんだか申し訳ない」と思われてしまいます。
そこで、貰って嬉しいものを念頭に置きつつ、高価にならないギフトを選ぶようにします。
たとえば、プチプライスなお菓子はゲストに喜ばれるものの一つ。
クッキーやチョコレート、最近ではじゃがりこなどといった人気のお菓子をプチギフトに選ぶ方法があります。

選び方その②:小さいもので選ぶ
名前のとおり、小さいものを選ぶという方法があります。
マスコット的なもの、オブジェ、ストラップ、新郎新婦の名前入りのアイテムなど。
バスケットやかごに入れておいて、「お一人様一つずつどうぞ」とメッセージを書き添えておけばOKです。

選び方その③:実用的な物から選ぶ
食べ物はあくまで「口に入れたら終わり」の儚いものです。
そこで、ずっと使えるものとしてミニハンカチやミニタオル、箸置き、クリップなどの文房具、かわいいデザインのキャンドル、良い香りのするポプリなど、実用性のあるアイテムを揃えてみると喜ばれるかもしれません。
消耗品ではありますが、石鹸やバスジェル(ボディソープ)などのアイテムも実用品として人気の高い一品です。

選び方その④:地域や時節に合わせた物から選ぶ
式場が外国や、国内の限られた場所であれば、その土地にしかないアイテムを選んで記念に持って帰って貰う方法もあります。
また、春から冬まで日本ならではの四季を楽しめるものとして、季節限定のアイテムをプチギフトに取り入れても良いかもしれません。

このページの先頭へ