ファーストバイト

結婚披露宴の理想の相場ってどのくらいが普通なの?

結婚披露宴の費用は、挙式(結婚式)も含んだ場合全国平均で約200~300万円と言われています。
この金額が基準であり、理想の相場とも考えられますが、日本は地域や家庭ごとの差が大きいためもっと割安に済むところもあれば、逆に300万円以上かかるところもあります。
200万円というとかなりの金額のようにも思えますが、会場のロケーション、料理や衣裳などにこだわればこだわるほど相場は変化します。

結婚披露宴でかかる費用の内訳としては、会場のレンタル代、招待客の料理・飲物、スナップ写真やスタジオ撮影代金、会場内の装花、引出物、そして新郎新婦の衣装代などがあります。
高くしようとすればいくらでも価格を上乗せして豪華に演出することはできますが、逆に安く済ませようと思うとどうしてもお料理や衣装に妥協しなければなりません。
こんなはずではなかったと後悔しないためにも、あらかじめ妥協できるポイントは絞り込んでおきたいものです。

相場をある程度限るためにも、まずは最初に夫婦だけで出せる予算を決めておくと良いでしょう。
全部でいくらまでに収める、というようにして概算を出し、そこから式の金額と披露宴の金額に分けます。
あえて披露宴は省き結婚式だけに済ませることもできますが、こちらは大体相場が20万円くらいなので、その価格を踏まえていくらまで披露宴に割けるかを算出しても良さそうです。

200万円の予算なら20万円の式代を引いて、180万円が披露宴代ということになります。
しかしながら、披露宴については招待客への配慮が必要になります、遠方の親族や友人への車代、宿泊費用なども予算として組む必要があります。
それぞれに会場まで来て貰えれば良いのですが、新郎新婦持ちでなければ駄目と考えている方も意外に少なくありませんから、車代や宿泊費を一切割けない場合はあらかじめその旨を伝えておきましょう。
また挙式披露宴をトータルで行う場合、出費が数万~数十万で済む場合もあれば、ほとんど全て自分達で出さなければならないケースもあるため、ご祝儀がいくらかどうかも見積もっておきたいところです。

このページの先頭へ