ファーストバイト

結婚披露宴の席次を決めるにあたって重要な事とはどのような物がありますか?

結婚披露宴では新郎新婦の親族はもちろん、職場の上司・同僚、そのほか大切な友人もたくさん招待されます。
式をスムーズに進行させるためには、会場での席順が非常に重要な要素になります。
招待客が披露宴に来て良かったと思えるよう、席次はできるかぎり慎重に決めるようにしましょう。

・職場の人の場合
まず気をつけたいのは、職場における上下関係、次に人間関係です。
高砂に近い席ほど上座ですので、社長や専務などがいらっしゃる場合はまずその席を確保します。
また、上下関係だけでなく年齢や性別、実際の人間関係など相性的な部分も忘れず配慮するようにしましょう。

・友人の場合
高校、大学、専門学校、あるいは幼なじみなど、友人が属するグループによって席やテーブルをある程度固定することができます。
共通の知り合いがなく、1人で参加してくれる方については、できる限り1人にならないようにしたいところですが、どうしても孤立してしまう場合は隣に社交的な人や話しやすい友人の隣に配置する、同じく1人で参加してくれる人をもう1人募って隣同士にするなどの配慮が必要です。
しかし、披露宴は大勢が心を一つにお祝いするイベントですから、できれば一人きりになりそうな方は招待しないほうが無難です。
別の日に会食を設けるなどして個別に対応すると良いでしょう。

・親族の場合
親族の席については、両親や兄弟と一緒に確認を取るようにして、仲の悪い者同士が隣合ったり、目線が頻繁に合うような席は避けます。

・その他
小さなお子さん、高齢者がゲストの中に居る場合は、入口に近い席や車いす専用席など、会場からの退出が楽にできる場所に配置するようにしましょう。
お子さんの親御さん、高齢者ご本人や付き添いの方にも直接席次について確認をとっておくと間違いがなく、納得していただけます。
職場の方や友人たちの席決めに気を取られ、意外に忘れがちなポイントですが、年齢や体調が異なるゲストへの配慮も非常に重要です。

このページの先頭へ