ファーストバイト

素敵な「新郎新婦入場」を実行するために実行した方がいい事はどんな事ですか?

新郎新婦が揃って披露宴会場に入場する瞬間は、招待客にとっても、そして主役の新郎新婦にとっても緊張の一瞬。
ほんのわずかな瞬間であっても、感動的で心に残る、素敵なものにしたいですね。
披露宴会場への入場には、新郎新婦が揃って入場する方法が一般的です。

腕を組む、手を繋ぐなどして、密着していると夫婦らしさがアピールできます。
逆に、サプライズの演出として夫婦の片方だけが登場し、もう片方は会場内から登場して迎えに行き、一緒に着席するという大掛かりな演出も取られる場合があります。
サプライズについては、招待客(特に両親)に冗談が通じるかどうか、会場がサプライズ演出OKかどうかなどのチェックが必要です。

また、ゲスト側にクラッカーや花びらなどを渡しておいて、入場時に演出して貰う方法や、スモークをたく、銀のテープを降らすなど、華やかな演出もとられます。
また、どんな夫婦でもできる簡単な演出方法として、BGMにこだわるというものがあります。
新郎新婦の入場曲は、いわば新生活への入場曲のようなもの。
動画にも残る大切な曲ですので、数年後に結婚式の動画を観て「なんでこの曲を選んじゃったんだろう」と後悔しないよう、入場曲だけは厳選しておきましょう。

夫婦の共通の趣味としてゲーム用の音楽やスポーツ用の音楽を流してもユニークですが、こちらも後々までしっかりと残ることを念頭に置いておきましょう。
新郎新婦の入場のコツとしては、どんな演出を行うにしてもまずは司会と打ち合わせを綿密に行う事が肝心です。
司会のタイミングと、実際の新郎新婦の挙動が合わないとちょっと残念。

照明や音楽、友人たちの行う演出など、あらゆる状況がうまく連携するように心がけておきたいものです。
新郎新婦入場は結婚式全体からすればほんの一瞬ですが、新郎新婦本人は主役であるため予想以上に緊張しています。
重要な掴みの部分ですので、事前にしっかり予習をして、イメージトレーニングをしておくと良いでしょう。

このページの先頭へ