ファーストバイト

ウェルカムボードは一生の記念に残る大切な物

「ウェルカムボード」とは、結婚披露宴の際会場の入り口に置いておき、招待者をスムーズに誘導する案内板の役割を持っているものです。
ウェルカムボードは個性が出やすいアイテムで、一から手作りしたものもあれば、専門の業者に頼んで完全オリジナルのアイテムを製作する方までさまざま。
手作りでも業者依頼のものでも、一生の記憶に残る大切な思い出の品です。

ウェルカムボードは似顔絵や写真、メッセージなどでアレンジされるケースが多く、そこにコルクボードやガラスなどにメッセージを書いておくタイプが人気です。
プチギフトやメッセージカードなどを添えておいたり、夫婦の思い出の品が飾られているウェルカムボードもあります。
式で使用したウェルカムボードは廃棄せず新居に持っていき、オブジェとして末長く飾られていることが多いようです。
ウェルカムボードは新郎新婦の個性が現れるものと述べましたが、基本的には招待者を歓迎し誘導する目的があります。

広い式場で、同じ時間にいくつも披露宴が行われている場合、ゲストは迷いやすくなっています。
スムーズに式場へと導くためには、ある程度インパクトがあり、分かりやすいレイアウトのウェルカムボードであることが望ましいとされています。
また、披露宴は各夫婦によってまったく違うものですので、結婚披露宴のウェルカムボードには大まかな披露宴の内容を軽く紹介する意味も込めることができます。

音楽が好きな夫婦なら、披露宴は音楽が流れる陽気なものにしたいので、ウェルカムボードも音楽に関わるモチーフを使うというものです。
ウェルカムボードに個性を出す場合、手作りしなければならないのかというとそうではありません。
専門の業者でも個性豊かなアイテムを製作してくれますし、逆に家族みんなで、あるいは友達と共同で作り上げるウェルカムボードも素敵です。
兄弟姉妹や友人同士で結婚式が続くような場合、お互いに製作し合って交換する方法もあるようです。
結婚披露宴の体験談の記事なども参考にしたりして、良い披露宴になるようには調べる事が大事です。

このページの先頭へ